建設コンサルタントの被災地復興への貢献

東日本大災害から5年が過ぎようとしていますね。

国を挙げて復興のために多大な尽力が図られています。

建設コンサルタントも震災直後から都市系技術者を中心に被災地に入り、多くの復興計画のお手伝いをしてきています(頭が下がる思いです)。

都市の復興計画、マスタープラン、防集、魚集、区画整理、公園計画、ゼネコンとのCMなどなど多くの分野で活躍されています。

宮城、岩手、青森などでは、やっと復興工事も進みつつあり、少しずつ都市の形が見えつつあります(まだまだ都市基盤の形成段階で住みやすい都市のためには多くの作業が山済みですが)。

 

まだまだ人手不足で多くの技術者を募集されています。

これまでの経験を生かして社会に少しでも都市の復興に貢献したい方は、連絡いただければ困られている現場(会社)をご紹介いたします。