建設コンサルタントの転職事情

 

最近の建設コンサルタントの転職の状況はいかがでしょうか?地域、業種、年齢、資格、採用条件などにより変わりますが、

最近の状況を考えてみます。

 

建設コンサルタントの転職事情は?

現在は、どこの建設コンサルタントも人手不足で、求職者に比べて、会社からの求人依頼のほうが多くなっています。

地域、職種(道路、河川、都市などの分野や、設計、計画などの技術)、希望年齢、資格(技術士などの有無)などにより変わりますが、転職状況としてはいい状況(転職しやすい)にあります。

特に関東、東北の被災地、関西、九州では多くの求人依頼があります。

大手の建設コンサルタント、中小の建設コンサルタント、地域限定型の建設コンサルタントにより求める人材は少し違いますが、どこも人手不足の状況のようです。

とはいっても転職してから、こんなはずじゃなかったという会社も見受けられます。よく調べて(職業紹介会社に無料相談して)転職会社を決めましょう。

できるだけ後悔しないような会社を選びましょう。